あいちゃんとリカちゃん

キャバリアのあいちゃんとアメリカンコッカーのリカちゃんの可愛く楽しいドタバタの日々を紹介します。

記事タイトル GW後半以降の我が家事情。

こんにちは、サチの旦那さんです。

昨日・一昨日は、私の退院にたくさんのお祝いコメントをいただき、ありがとうございます。
26日(金)にはだいぶ痛みも薄れてきたので、当初の予定通り、月曜から会社に行けそうな気がしてきました!
(腹腔鏡手術の場合、術後一週間以内に職場復帰というのは、さほど珍しくはないようです)

なお、ニーズがあるかは不明ですが、明日は私の入院日記でも書こうかと思ってます♪

-----------

遅れていたコメントのお返事を昨日書きました(鍵コメ分除く)。お時間のあるときにでもご覧ください。

5月26日の記事「入院中でも、マラソン完走!」 コメントはこちら → ☆☆☆
5月25日の記事「あいちゃんとリカちゃん、ペニーレイン初体験♪」 コメントはこちら → ☆☆☆
5月24日の記事「本日、退院できるかな?」 コメントはこちら → ☆☆☆
5月23日の記事「那須ハイランドパークのアトラクションは、ワンちゃんもOK♪」 コメントはこちら → ☆☆☆
5月22日の記事「長年の夢が、またひとつ叶いました!」 コメントはこちら → ☆☆☆
5月21日の記事「本日入院、明日手術になりました!」 コメントはこちら → ☆☆☆
 
-----------

本日は、5月3日(水・祝)に撮った写真とともに、ちょっと私事を書こうかと思います。


5月3日(水)の夕方、あいちゃんと2人だけでお散歩に行きました
当時ギックリ腰だったサチは、リカちゃんとお留守番です。

blogP5030231.jpg
ピョンピョン走り出した あいちゃんを、私も走りながら撮ってるのでちょっとブレてます(笑)

blogP5030243.jpg
最近は、目標物(オヤツをくれる人 または パパかママ)がないと走らないことが多いのに、
自ら先頭を走っていく あいちゃんに、ちょっとビックリしつつも、その元気さに感激です♪


blogP5030245.jpg
さて、この日のレンズは、先日購入した魚眼レンズオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROです。

購入時の記事はこちら → ☆☆☆

blogP5030246.jpg
既に夕暮れなので、明るいレンズ(F1.8)の方がいいかと思い、
購入後、初めて外に持ち出しました!


blogP5030248.jpg
実はこの5月3日(水・祝)は、黒ポメもん吉くん(ブログ)と、トイプードルのカカオくん(ブログ)と、
水元公園方面でオフ会の予定だったのですが、後述する諸事情により、我が家だけキャンセルさせていただきました。
(これ以降、写真と本文は関係ありません)


blogP5030250.jpg
5月2日(火)のお昼前、会社に向かうため、バスに乗っていると、
母が入院している病院から、私のケータイに電話がかかってきました。

blogP5030253.jpg
担当の先生からの電話で「昨日から高熱があり、現在は意識レベルが低下していて、
いわゆる危篤状態になっていますので、ご家族の方、誰か病院に来られますか?」という内容でした。
(私の母は、去年の9月から入院しており、退院できる見込みはありません)

blogP5030258.jpg
父とサチに電話をし、会社にも会社を休む旨電話をし、
アメリカにいる兄にもラインをしつつ、私と父はそれぞれ病院に向かいました。

blogP5030266.jpg
病院に到着すると、これまでは高熱が出ていても何らからの反応があったのですが、
この日は反応もなく、先生が言うように意識がほぼないという状態でした。
この時点では、血圧がまだ低下していないので、熱が下がって持ち直す場合もあるが、
このまま意識が戻らず、血圧が低下していくと危ないとのことでした。

blogP5030269.jpg
今までは大部屋(この病院は4人部屋)にいたのですが、長時間の付き添いになることも考えて、
病室を個室に変更してもらいました。そして、兄にも帰国するよう電話で伝えました。

blogP5030280.jpg
個室に移動して、しばらく付き添っていると、14時過ぎにようやく目を開け、意識が戻りました。
心拍数も160あったのが、120台まで下がりましたが、
血圧は上が80台、下が40台と、平常時(普段は高血圧)に比べると、まだ低い状態でした。

危篤状態からは脱したものの、明日以降も容体がどうなるかはわかりませんので、
カカオ君ママさんと、もん吉くんママさんにも、翌日のオフ会はお休みする旨、連絡しました。


blogP5030284.jpg
5月4日には兄夫婦も帰国し、GW後半は、5月6日を除き、毎日、母の病院に行っていました。
その後も、たびたび発熱を繰り返していましたが、
4月中旬にはほとんど発声できなかったのが、徐々に声も出るようになってきました。
これは、通常の点滴ではなく、5月に入って高カロリー液の点滴を再開できたのも、大きいと思います。
(発熱時は、身体に負担のかかる高カロリー液の点滴はできないようです)


blogP5030291.jpg
5月12日(金)の朝、再び、母が入院している病院から電話があり、
血液中のヘモグロビンが通常の半分以下(女性の正常値は11.3~15.2g/dlだか、母は6g/dl台)なので、
輸血をしたいから、同意書にサインをして欲しいとの内容でした。

blogP5030307.jpg
本来なら私が行くのですが、まだ日本にいた兄に行ってもらい、輸血の同意書にサインしてもらいました。
輸血後は、母の顔色もだいぶよくなったようです。
5月15日(月)には兄夫婦もアメリカに戻り、母も個室から大部屋に戻してもらいました。


blogP5030310.jpg
その後、発熱する頻度も減り、父からの電話によると、
私が入院していた先週末以降は、ほとんど発熱もなかったようです。

昨年末、インフルエンザによって手術が延期になった時は、
母が入院している間は何があるかわからないので、私の手術は母のことが落ち着いてからと考えていましたが、
私の入院中、母が元気に過ごしていてくれて本当によかったです。

blogP5030321.jpg
とりあえず、私の病気(胆のう炎・胆石症)は今回の手術で片が付いたと思うので、
早くまた、母の病院に顔を見せに行ってあげようと思います。
高速道路を運転するのは、まだちょっと不安なので、体調がよければ、明日には電車とバスで行ってみようかな?
 
※本日はコメント欄、お休みします。

いつも「あいちゃんとリカちゃん」を見ていただき、ありがとうございます
ブログランキング参加中なので、あいちゃんかリカちゃんのバナーをポチッとお願いします


にほんブログ村 キャバリア

にほんブログ村 アメリカンコッカー
 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。