あいちゃんとリカちゃん

キャバリアのあいちゃんとアメリカンコッカーのリカちゃんの可愛く楽しいドタバタの日々を紹介します。

記事タイトル 胃がんかも?と言われましたが。。。

こんにちは、サチの旦那さんです。

昨日の記事()に引き続き、今回も私が主役の記事になりますので、
興味のない方は、スルーしてくださいね。


今日の記事の写真は、那須旅行2日目(10月15日・土曜)に、
マウントジーンズ那須のゴンドラで撮った写真なので、本文とはまったく関係ありません。

記事の内容は、比較的暗めなので、その分、可愛いあいちゃんとリカちゃんで中和させておきますね♪

blogDSC_3400_201611191936134ff.jpg
11月18日(金)の朝、胆のう摘出の手術は22日(火)にしようと心に決め、
北区の病院へ内視鏡検査(胃カメラ)に向かいました。

blogDSC_3407.jpg
実は私、胃カメラというものが人生初めてなのです!
通常はノドへの局所麻酔だけだと思うのですが、
希望すれば、鎮静剤(静脈注射による麻酔)も併用してくれるとのことなので、今回はそれを希望。

blogDSC_3429.jpg
9時過ぎにベッドの上に横たわり、マウスピースを咥えたところまでは覚えていますが、
検査中はグッスリ眠っており、10時20分頃に目が覚めたときは別室のベッドの上でした。

その日は、前日に担当された先生がお休みのため、
別の先生から手術の説明を聞いて帰宅のはずだったのですが。。。

blogDSC_3432.jpg
検査室前の廊下でけっこう待たされて、
看護師さんから、説明するはずだった先生との引き継ぎがうまく言っておらず、
担当の先生から説明するので、来週月曜(21日)の午前中に来て欲しいということを言われました。

そうなると、その日のうちに手術日が決まらなくなり、それは困ると言うと、
再度、廊下で待たされて、(その日お休みだった)担当の先生と電話をつなぎますとのこと。

blogDSC_3438.jpg
担当の先生から電話で言われたことは以下のような内容でした。
(先生は、内視鏡の画像を直接見ておらず、画像を見た別の先生から所見を聞いたとのこと)

内視鏡検査で、胃の中に何か小さいモノがあったので、病理検査をすることになりました。
もし悪性のモノだった場合は、手術をすることになります。
まだ小さいので内視鏡による手術でとれるかもしれませんが、
けっこう深くまである場合は、腹腔鏡による手術になるので、胆のう摘出と同時に手術をします。
腹腔鏡による手術の場合は、胃を2/3程度切除する場合もあります。

blogDSC_3441.jpg
「これって、普通の人間ドッグや、CTとかMRIでも発見できたものなんでしょうか?」←私

まだ小さいモノなので、胃カメラでないとわからなかったと思います。
今回たまたま胆石の手術で、早期に発見できたので、むしろラッキーだと思います。

「でも、癌と決まったわけではないですよね?」←私

はい。だから病理検査をするわけで、癌ではない可能性もあります。
なので、病理検査の結果が出るまでは、手術の内容も決まらないので、
病理検査の結果が出た後に、こちらから電話しますので、その後来院してください。

blogDSC_3443.jpg
ということで、看護婦さんに電話を代わり、看護婦さんと先生が電話で話した後、
看護婦さんから「病理検査を急ぎでやってもらい、22日中には結果を出してもらうので、
24日(木)の午前中に病院に来てください」と告げられました。


blogDSC_3444_201611191936478a4.jpg
自宅に戻るタクシー内からサチに電話をして、上の内容を伝え、
私は午後から会社に行く予定だったので、家に戻って急いで着替え、そのまま会社へ向かいました。

会社へ向かう途中、胃がん手術に関することをググったり、いろんなことが頭をよぎりました。
癌保険に入っていてよかった~(大学生のときに加入) とか、
住宅ローンの7大疾病保障保険を解約しなきゃよかった!(保険料高くなってきたので、今年解約) とか、
お金残してもしょうがないので、オリンパスOM-D E-M1 マーク2 買っちゃおうかな♪ とか。。。


blogDSC_3445.jpg
胃がんで会社を辞めることになったら、これがホントの「いがん退職?」
なーんて考えながら仕事をしていると、14時頃、サチから携帯電話に電話が入りました。

私が家を出た後、サチが病院に連絡し、内視鏡を担当した先生の説明を直接聞きに行ったそうです。
サチが画像を見せてもらいながら説明を聞いたところ、
「胃の中に2ヶ所、小さいイボみたいなものがあったので、念のため、病理検査に回しただけです。
 経験上、たぶん癌ではないと思いますので、そんなに心配されなくて大丈夫ですよ」 とのことでした。

「よかったね!」って、サチが電話で泣きながら言うので、私も会社の廊下でちょっともらい泣き。。。


blogDSC_3449.jpg
ということで、たぶん胃がんではないとのことで一安心なのですが、
先生のあの説明は一体何だったのでしょうか??
いいことを言って安心させるより、まずは最悪の事態を告げて、後で「よかったね!」っていうタイプなのか?
それとも、胆のうだけに、きたんのない意見を言っただけ?


blogDSC_3451.jpg
ちなみに、内視鏡の先生は、私の胃を見て
「旦那さんの胃、年齢の割にはすごくキレイな色してますよ!」って、褒めてたそうです♪

先日のサチの記事()では、今週手術予定であることを書きましたが、
手術日は11月24日(木)じゃないと決まらないので、
どうやら来週(27日からの週)になりそうです。


blogDSC_3454.jpg
手術入院中はブログを書けないと思いますが、
書きたいことがけっこうたまってるので、体調が悪くなければ、
今週はボチボチ記事をアップしていこうかと思ってます
  
いつも「あいちゃんとリカちゃん」を見ていただき、ありがとうございます
ブログランキング参加中なので、あいちゃんかリカちゃんのバナーをポチッとお願いします


にほんブログ村 キャバリア

にほんブログ村 アメリカンコッカー
 

スポンサーサイト

16 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.22 21:15 | | # [edit]
サチの旦那さん says..."azuazu さんへ"
私も単なる検査のつもりで行ってたので、
いきなり癌だった場合の説明をされ、驚きましたが、
サチのおかけで、今は冷静に検査結果を待つことができてます。
お見舞いのコメント、ありがとうございます。
2016.11.21 23:44 | URL | #- [edit]
サチの旦那さん says..."こてつママさんへ"
> 最悪の状況を説明する医者の方が、実際は多いと思いますよー。
私の場合もそうだと願っています!

放射線技師さんもけっこうカッコいいですよね!
放射線っていうと、ゴジラが口から吐きそうなイメージですが(笑)
チーム医療においては、かかせない技術者ですもんね♪

サチがあの後1人で病院に行ってくれてなかったら、
色々想像してたと思いますが、
とりあえず今は、落ち着いて結果を待つことができてます!
2016.11.21 23:08 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.21 23:02 | | # [edit]
サチの旦那さん says..."よしこ さんへ"
よしこさんもまだおつらい時期だと思うのに、
お見舞いのコメント、ありがとうございます。

内視鏡検査、私のように麻酔で眠ってると、
何も感じないので、次回はその方がラクかもしれませんよ!

次回、東京でポメラニアン・オフ会をやるときは、
ぜひお会いできるといいですね!
(ポメちゃんいないけど、参加できるかな~)
2016.11.21 23:02 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.21 22:37 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.21 12:32 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.21 11:05 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.21 10:02 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.21 08:42 | | # [edit]
azuazu says..."No title"
先日、手術をするとの記事で驚いていましたが
今日のタイトルでびっくりしちゃいました。
お医者さんは最悪のケースを前提にお話されることが多いですよね。
でも、サチさんが再度聞きに行ってくれて・・・少し安心しました。
まずは検査結果ですね。
良い結果であることを祈っています。
どうかお大事になされてくださいね。 
2016.11.21 03:36 | URL | #Ujd6MtBI [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.20 22:56 | | # [edit]
こてつママ♪ says..."No title"
最悪の状況を説明する医者の方が、
実際は多いと思いますよー。
その説明をしないと、
病理検査に出す理由を説明できないのもありますが。
あとで、「あのとき、言わなかったじゃない!」
みたいになるのを避けている、というのもあります。

残念ながら、あたしゃ、武井咲ちゃんではありましぇ~ん(笑)
医者ではないのですよ。
CTとか、MRIとか撮る方です(笑)
放射線技師って言います。

あたしは武井咲ちゃんではないが…
長瀬くんばりの病理医に100%診断していただきましょう!!!

検査をした先生が、
「経験上、違うと思いますよ。」
と言ってくれているのならば、
きっと、そうです。
悪い方には考えず。前向きに☆!!!
2016.11.20 22:51 | URL | #fF0QDnLU [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.20 20:22 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.20 18:45 | | # [edit]
よしこ says..."No title"
検査、お疲れ様です...

結果が出るまで心配ですよね...
私も去年婦人科の検診で引っかかってしまって放置すると
子宮頸がんになる可能性が高いと言われて子宮の入り口を
切り取る手術をしました...

3年前くらいには大腸ガン検診で便潜血の反応が出たので
内視鏡検査しましたが、結果は何の異常もありませんでした...
でもあの検査は普通じゃないくらい痛くて「痛い」と
言えば言うほど思いっきり押し込むドSな医者で、もう
二度としたくないと思いました...(^_^;)

長々とすみません...
あいちゃんもリカちゃんもきっと早く治りますようにと
祈ってくれていると思います...
胆のうの手術もうまくいって、また元気になりますように...

2016.11.20 13:27 | URL | #- [edit]

コメントはお気軽にどうぞ♪






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。