あいちゃんとリカちゃん

キャバリア(あい10歳)とアメリカンコッカー(リカ7歳)の可愛く楽しいドタバタの日々を紹介します。

記事タイトル 最近、お友達と遊ばなかった理由

こんにちは、サチの旦那さんです。

前回の「10月23日(日)の記事」の続きでーす♪


夕方、我が家に来客がやって来ました!
車はマンションの来客用駐車場へ。


blogDSC_4861.jpg
今回の来客はお泊まりのため、マンションのゲストルーム(一泊3000円)を借りました!
ゲストルームに入るのは、私も初めてですが、部屋が思いのほか広い!

blogDSC_4862.jpg
今回は使いませんが、キッチンも完備!
これでワンコOKなら言うことないのですが、残念ながらペットNGです。


その日に泊まってもらうゲストルームへ案内した後は、我が家へ♪

blogDSC_4871.jpg
部屋に他人が入ってくると、リカちゃんは、ほぼ吠えます!


blogDSC_4870.jpg
私の兄にガッシリ確保されたリカちゃん!

今回の来客は、普段はアメリカに住んでる兄夫婦です。
私がこのマンションに住んで、もうすぐ8年になりますが、初めての訪問です。
(滅多に日本に来ないわけではなく、さいたま市の実家には年に1~2度帰って来ます)


blogDSC_4865.jpg
まずは、赤ワインでカンパーイ

blogDSC_4867_20161101223210636.jpg
この日のディナーは、しゃぶしゃぶにしました!
お肉は奮発して、黒毛和牛のロースです。
アメリカで売ってる牛肉よりも、やはり日本の和牛は美味しいそうです。


blogDSC_4884.jpg
翌朝の朝食後、兄夫婦と「あいちゃんとリカちゃん」で記念撮影です!

さて、なぜ兄夫婦がこの時期に日本に来たかを書こうと思うのですが、
ちょっと暗いお話しになり、ワンちゃんとは一切関係のない話しですので、
読みたくない方は、遠慮なく、スルーしてくださいね。


立ち去る前に、あいちゃんのバナーをポチッとしていただけると幸いです

にほんブログ村 キャバリア


blogDSC_4889.jpg
9月8日(木)、さいたま市に住んでいる私の母が救急車で運ばれ、
さいたま市内の病院に入院することになりました。
母は76歳ですが、認知症がかなり進んでいて、正常な会話はほとんどできません。
私や父のことも、わかるときと、わからないときがあります。

blogDSC_4891.jpg
病状が回復しても、心臓があまりよくない父では、母の介護はできないだろうと医師に言われ、
9月中旬くらいまでは、退院後の入所施設を探したりもしていましたが、
その後、別の病状が現れ、退院できる可能性はかなり少ないと言われました。

blogDSC_4892.jpg
入院後は、土日両方もしくは土日片方と平日午前中など、毎週2回程、病院に行っています。
今は状態が安定していますが、いつ急変してもおかしくはないと医師には言われています。
入院時は、年内持つかどうかもわからないと言われたのですが、
土曜日の母の様子を見た限りでは、私としては、何とか年は越せるのではないかと思っています。


blogDSC_4900.jpg
母が入院したので、兄夫婦が10月上旬に日本にやって来たのですが、
兄夫婦が日本に来た後、今度は父のペースメーカーの手術が決まり、アメリカへの帰国を遅らせてもらいました。
私の家に泊まった翌日(10月24日)が、ちょうど父の退院の日でした。
父の方は、日常生活で色々制限があるものの、術後の経過は特に問題ないようです。


blogDSC_4903.jpg
こんな状況なので、いつ母の病院に行くことになるかわからないし、万一のときは色々忙しくなるので、
ブログのお友達と会う約束も、9月以降はほとんどしないようにしていましたが、
最近ようやく自分の中でも覚悟ができてきたので、そろそろ、たまにはお友達とも遊びに行こうかと思ってます。
 
いつも「あいちゃんとリカちゃん」を見ていただき、ありがとうございます
ブログランキング参加中なので、あいちゃんかリカちゃんのバナーをポチッとお願いします


にほんブログ村 キャバリア

にほんブログ村 アメリカンコッカー
 
※コメントをいただいても、お返事できそうもないので、本日のコメント欄は閉じさせていただきます。
 何かありましたら、拍手コメントの方に、非公開コメントでお願いします。
 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。